COC事業について

layCOC事業について

ご挨拶

message:活力ある地域社会を共に創る火の国人材育成に取り組みます。

熊本大学は、県内で唯一の総合大学として、
熊本県及び熊本市をはじめとする自治体と包括連携協定締結や人事交流を行っています。

熊本大学 学長:原田 信志

熊本大学 学長

原田 信志

熊本県内の多様な地域課題解決に貢献するため、本学の教育・研究・社会貢献を柱として、全県域への拠点活動や、まちづくり、産業振興、地域医療の支援などに取り組んでいます。

平成26年度から、文部科学省「地(知)の拠点整備事業(COC事業)」に採択されたことにより、学長をトップとした本機構を新たに設置しました。本機構を中心とし、地域で学び、想像力をもって地域の課題解決に挑戦し、世界規模で社会に貢献する“熊大スピリット”にあふれた人材の育成を目指し、「活力ある地域社会を共に創る火の国人材育成事業」を推進・展開しているところです。

また、世界水準の優れた大学として、研究大学強化促進事業やスーパーグローバル大学創成支援事業にも採択されており、海外との連携も強化しておりますので、「地域」の問題を「世界」の観点から考える取り組みも進めていきたいと思います。そのために、本学教職員・学生一同、地域の皆様、関係自治体や企業、団体の皆様と連携しながら、ぜひこのような計画を実現していきたいという夢をもっておりますので、何卒、ご協力とご支援のほどよろしくお願い致します。

事業概要

*

地域課題を解決し、人材育成拠点の形成へ。

熊本大学は平成26年度より、文部科学省「地(知)の拠点整備事業(COC事業)」に採択されました。
これを受けて、市民、企業、行政などと協力して、地域の課題を解決する人材の育成を進めていきます。熊本県全域を対象に、地域課題別に4つの地域を拠点化(熊本都市圏、県南、県北、天草)し、これまでの熊本県や包括連携協定を締結した市町村、企業等との取組実績を生かして、地域の課題に対応しながら熊本地域のCenter of Communityとして、全学的に「活力ある地域社会を共に創る火の国人材育成」拠点の形成に取り組みます。

COC(Center of Community)とは

大学等が自治体を中心に地域社会と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・社会貢献を進める大学等を支援することで、課題解決に資する様々な人材や情報・技術が集まる、地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能強化を図ることを目的としています。

HugKumの由来について

寄り添う+熊本 HugKum

熊本大学COC事業は、人材育成が大きな目的であるため「育む(はぐくむ)」というネーミングにしました。Hugには、「寄り添う」、Kumには「熊本(Kumamoto)」という意味を合わせることで、地域に寄り添うというメッセージを込めています。