COC事業について

layCOC事業について

事業概要

*

地域課題を解決し、人材育成拠点の形成へ。

熊本大学は平成26年度より、文部科学省「地(知)の拠点整備事業(COC事業)」に採択されました。
これを受けて、市民、企業、行政などと協力して、地域の課題を解決する人材の育成を進めていきます。熊本県全域を対象に、地域課題別に4つの地域を拠点化(熊本都市圏、県南、県北、天草)し、これまでの熊本県や包括連携協定を締結した市町村、企業等との取組実績を生かして、地域の課題に対応しながら熊本地域のCenter of Communityとして、全学的に「活力ある地域社会を共に創る火の国人材育成」拠点の形成に取り組みます。

COC(Center of Community)とは

大学等が自治体を中心に地域社会と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・社会貢献を進める大学等を支援することで、課題解決に資する様々な人材や情報・技術が集まる、地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能強化を図ることを目的としています。

事業体制

地域創生推進機構を設置し、地域を志向した教育、研究、社会貢献活動を全学的に展開します。学長を機構長として、学長の強いリーダーシップのもと、地域創生推進機構(室長:副機構長(研究、社会連携担当理事))、政策創造研究教育センター(地域課題解決のための大学シンクタンク)、全学教育部門が連携し、地域を志向した教育、研究、社会貢献を展開していきます。

事業体制図

HugKumの由来について

寄り添う+熊本 HugKum

熊本大学COC事業は、人材育成が大きな目的であるため「育む(はぐくむ)」というネーミングにしました。Hugには、「寄り添う」、Kumには「熊本(Kumamoto)」という意味を合わせることで、地域に寄り添うというメッセージを込めています。