取り組み

lay取り組み

火の国人材育成事業では、熊本都市圏と県南地域、県北地域、天草地域の4つの自治体(地域)と連携し、地域の課題を解決する人材を育成していきます。

連携エリアマップ

*熊本都市圏

*県北地域

*天草地域

*県南地域

  • 熊本都市圏:イメージ

    熊本都市圏(熊本県・熊本市)

    熊本県及び政令市熊本市など14市町村の熊本都市圏(104万人)には、大都市としての問題と、過疎に苦しむ中山間地域としての地域課題が混在しています。この地域は殆どの水資源を地下水に頼っており、地下水涵養が課題です。また旧制第五高等学校(明治20年)以来の「学都」が都市の個性であり、大学での学生の学びや研究成果を活かした都市づくりが課題です。

  • 県南地域:イメージ

    県南地域(水俣市・芦北町)

    水俣・芦北地域、八代地域、人吉・球磨地域、下益城地域は、農・林・水産業の衰退により地域人口の減少や集落機能の維持が課題となっています。また公害問題からの地域再生と環境都市・ビジネスの創出、農林業の6次産業化による地域づくり、人材育成が課題です。

  • 県北地域:イメージ

    県北地域(菊池市・阿蘇市)

    菊池地域、阿蘇地域などは、災害発生の被害を低減させる減災、農林業と自然景観を活かしたグリーンツーリズムなどの新しい観光振興、過疎集落の機能維持などが課題です。

  • 天草地域:イメージ

    天草地域(天草市)

    10市町村が合併し2市1町になった天草地域では急激な人口減少(天草市の人口平成2年:11.2万人→平成24年:8.8万人)による地域コミュニティの衰退、熊本市から2~3時間の遠隔地であることによる医療アクセスの問題、有明海で発生している赤潮などによる環境悪化と水産資源の減少などが課題です。