平成28年10月9日(日)、京都市の岡崎公園で開催された京都学生祭典の復興ブースで、熊本県産品を学生がPRしました。
東日本大震災以降、東北の学生たちによる出展ブースが設けられていたそうですが、今年は熊本地震後ということもあり、熊本の県産品をPRする機会をいただくことになりました。
熊本県大阪事務所や京都学生祭典実行委員の皆さんのご協力をいただきながら、熊本大学のブースでは、いきなり団子、馬カレー、トマトジュース、長なすの4品を販売しました。

一番人気は、いきなり団子!あっという間に売り切れました。

「九州出身なので。」「熊本が地元なんです。」「以前食べたことがあって。」と来店してくださる方や、「いきなり???」と食いついてくれる方など様々。本学のOBの方々も足を運んでくれました。

熊本のことを思い出したり、懐かしがったり。
時には、「頑張りなさいよ!」と激励をいただいたり。

お隣のブースは福島大学の学生さんが運営していたので、彼らとも交流をさせてもらったり。遠くにも、熊本を応援してくれている方がこんなにいるんだと嬉しくもあった時間でした。

熊本の復興へ一歩ずつ。京都でのつながりを大切にしたいと思います。