平成30年5月19日(土)、熊本大学ボランティアサークル「D-SEVEN」の学生と大学院留学生、県立大学生の7名が手野地区山村活性化協議会主催で行われた「手野集落の未来を共に創るプロジェクト」に参加させていただきました。

手野地区では、平成29年度から農林水産省・阿蘇市役所のバックアップにより集落の活性化事業を計画、推進しています。平成30年度は約1年にわたり若い学生を「村民」として地域に迎え入れ、米作りやお祭りをはじめ、農泊による農家の暮らしを体験しながら、若者視点から体験交流事業を開発するプロジェクトを実施されます。

第1回目の今回は、「手野名水会」会長のご案内を頂きながら、国造神社や集落の湧水を巡る散策と、田植えの体験を行い、おふくろの会の皆様による郷土料理を頂きながら、地域の方々との交流を深めました。

◆学生によるレポートをD-SEVENのTwitterサイトで是非ご覧下さい!

https://twitter.com/D__SEVEN

??????????????????????????????