平成30年1月24日、熊大移動大学「みらいずむ」が芦北高校にて開催されました。

今回、熊大生が授業を担当させていただいたのは、芦北高校 林業科の1年生と、農業科の1年生。

生徒の皆さんが心を込めて制作した林業科の「なんでもかけ」と、
丹精込めて育て、作り上げた農業科の「甘夏マーマレード」と「いちごジャム」を、より効果的にPRするお手伝いをさせていただきました。

少しの緊張と、胸いっぱいの期待の中、授業は、各グループで大学生・高校生のお互いの自己紹介と、移動大学「みらいずむ」で講師を務める「現役熊大生がつくる熊本の旅行情報サイト Kumarism」の成り立ちと活動の紹介から始まりました。

それからクイズ形式で、PR写真を撮る際に気をつけるべき点と、より効果的な写真の撮り方を学びます。

Kumarismの活動を通じてスキルアップされた大学生ならではの知識と技を、高校生の学びと芦北のPRにつなげたい、という大学生メンバーの想いが、綿密に計画され、準備された授業からも伝わってきます!

写真撮影事前の学習

林業科の授業では、ヒノキを加工してつくられた「なんでもかけ」をPRします。その名前のとおり色々なものをかけて使い勝手の良さをPRします。

林業科なんでもかけ撮影

また、なんといっても一番の良さは、自然の木のぬくもり!木の質感と、丁寧な手作業で仕上げた製品をどのようにPRするか、各班ごとに工夫を凝らして考えました。

林業科写真の選択

最後には、各班の選りすぐりの写真とキャッチコピーを紹介してもらいました。

林業科各班の発表

続いて農業科では、実習で栽培しているイチゴを加工したジャムと、甘夏のマーマレードをPRします。

農業科イチゴジャムの撮影農業科甘夏マーマレード撮影

角度やレイアウトだけでなく、自然光を使ってみたりと、製品の良さを引き出すため、各グループが一枚の写真の出来にこだわります。

農業科コメント記事の作成

農業科では、実際に製品を試食して、その味の魅力についても伝えます。

農業科各班の発表

各グループによる力作の発表の後は、少しでも皆さんの進路選択の役に立てればと、身近な先輩である大学生から、生の大学生活の紹介や、高校生への事前アンケートに対するコメントや回答を通じて交流を深め、「『今』を大切に楽しんで、いろんなことに積極的に挑戦して!」と温かいメッセージが送られました。高校生への授業を通して、ひと回りも、ふた回りも成長している大学生メンバーの姿も、とても印象的でした。

大学生の生活紹介

芦高生の皆さんが作り上げた「なんでもかけ」、「甘夏マーマレード」と「いちごジャム」を、
今回の移動大学「みらいずむ」を通じて、自分たちで紹介する写真と記事は、
まもなくKumarism のウェブサイトから発信されますので、お楽しみにお待ち下さい!

https://kumarism.jp/ (2月8日公開予定)

共に学んだ芦北高校の皆さん、お受け入れ頂いた先生方、本当にありがとうございました!