平成27年度に地域志向教育研究経費(教育)を採択された、教育学部准教授引地力男先生の活動に同行させていただきました。「キャリア教育を目指したへきち小学校へのものづくり教育支援」をテーマに阿蘇の小学校で、「手作りロボット講座」を開催されています。この講座は、作る楽しさだけではなく、自主性・責任感・協調性など様々な力を身につけるプログラムになっていました。ロボットにできる事、自分たちにできる事…多くの事を考え、最後の発表では「人が人を思う社会をつくりたい」「人の役に立つ仕事につくかはわからないけど、人の役に立つ人になりたい」など、とても頼もしい意見が出ました。担任の先生は「いつもとは違う意欲的な生徒達が見れました」「理科への興味が向上した」「将来必要な聞きながら書く力も教えていただけて良かった」と、今回の活動をとても喜んでいました。当日は、教育学部の学生も3名参加し、生徒の発表を聞いて「子供たちの本当に純粋な決意や願いを紡ぐのが教師という素晴らしい職業なんだと実感しました」「貴重な体験ができて良かった」と共に学んだ喜びの声をいただきました。

 

 

IMG_0029

IMG_0054

IMG_0056