本学では、平成26年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業」(大学COC事業)に採択されたことを受けて平成26年12月1日に、学長をリーダーとして、全学的に地域を志向した教育、研究及び社会貢献に関する計画を策定すると共に、人材育成、研究及び社会貢献の推進を図り、地域創生・活性化の核として社会の期待に応えることを目的とした「地域創生推進機構」が設置されました。

開所式は、本学関係者をはじめ、本事業の連携機関である熊本県・熊本市・菊池市・阿蘇市・天草市・水俣市・芦北町ほか多くの方々に臨席いただき盛大なものとなりました。
また、引き続き開催された連携協議会では連携機関の委員と共に、今後の事業に関する地域を志向した教育と研究の推進及びその活用、地域における多様な学びの提供、自治体との協働、そして、地域の課題解決を教育に取り入れ、主体的に地域から学び、自ら考え、行動する人材の育成するための活発な意見交換が行われました。