お知らせ

layお知らせ

お知らせ一覧

【ウェブ報告会】「災害復興における大学生のまなざし2018」9団体の活動報告動画を公開しました!

本サイトの【ウェブ報告会】のページに、9月29日に行われた、学生ボランティア報告会・交流会「災害復興における大学生のまなざし2018 」における各団体(9団体)の活動報告動画を公開しました。是非、ご覧下さい!
「ウェブ報告会」のページはこちら

2018.9.29(土)開催! 学生ボランティア報告会・交流会 「大学生のまなざし2018」

熊本地震以降、多くの学生がボランティア活動に取組んでいます。
その活動がどのように変わってきたのか、現在までの活動を共有し今後の活動展開を考えます。
どなたでも参加可能です。
ぜひ、ご参加ください。

学生ボランティア報告会・交流会
日時 平成30年9月29日(土)10:00~12:30
場所 黒髪南キャンパス 工学部2号館1階211教室
※詳細はチラシ参照

チラシ

平成29年度「課題解決プログラム修了生」の声を掲載しました。

「ウェブ報告会」のページに、2018年3月16日に執り行われた、COC事業「平成29年度 地域課題解決プログラム修了式」における修了生10名のコメントを掲載しました。

様々な学部・学科で学ぶ、プログラム修了生10名の学生の、学びに対する振り返りと今後の決意の声をお聞き下さい。 ⇒

「ウェブ報告会」 > 「平成29年度課題解決プログラム修了生」の声

 

移動大学の取り組みが「Kumadai Now」で紹介されました!

熊本大学のWEBマガジン「Kumadai Now(熊大なう。)」でKumarismが実施している「移動大学くまもとみらいずむ」の活動が紹介されました。

Kumadai Nowを是非、ご覧下さい。 記事はこちらから → https://www.kumamoto-u.ac.jp/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/TOPICS2018/t20180712

Kumadai Now 移動大学の取り組み紹介

Kumadai Now 移動大学の取り組み紹介

移動大学の取り組みが「日経グローカル343号」で紹介されました!

2017年度から行っている熊大移動大学「くまもとみらいずむ」の活動が、日経グローカル343号(2018年7月2日発行、日本経済新聞社)で紹介されました。

「大学、地域を拓く」のコーナーで、「地元高校生に情報発信法を指南」というタイトルのもと、2017年度から始めた、大学生が高校生に情報発信の授業を行う「熊大移動大学」の取り組みを紹介頂いています。

記事では、各校で行われた、地元の名産品や学校で作られた特産物を、写真と記事を効果的に用いてSNSで発信する授業が紹介されています。大学生は自分の持っているスキルで地域の盛り上げに貢献することを実感しながら、地域や高校生との距離を縮め、高校生の進路決定の助けにもなれば、と考え活動に取り組んでいます。高校生、大学生双方の郷土愛を育み、地域の観光振興や活性化にも寄与できればと考えています。

「日経グローカル343号」の目次はこちら →

http://www.nikkei.co.jp/rim/glweb/mokuji/343mokuji.pdf

(58-59ページに記事を掲載いただきました。)

6月18日「日刊 人吉新聞」に「移動大学みらいずむ」記事が掲載されました

6月18日の「日刊 人吉新聞」に、球磨中央高校地域未来探究科で6月11日に実施しました「熊大移動大学 くまもとみらいずむ」の記事が掲載されました。

今回も、熊本の魅力的な観光地や地域情報を発信する学生団体、Kumarism(くまりずむ)の有志の学生が、日頃培った写真撮影のコツと、プレゼンテーションのテクニックについて実践を通じて高校生に伝えました。

詳細はこちら ⇒ 学生たちのCOC

Kumarism Facebook 記事 ⇒ https://www.facebook.com/Kumarism2016/photos/a.1613601112268070.1073741828.1566097177018464/1836573603304152/?type=3&theater

是非、「日刊 人吉新聞」の記事もご覧下さい!⇒ https://hitoyoshi-sharepla.com/entrance_news.php?news=1740

人吉新聞 平成30年6月18日 球磨中央高校みらいずむ記事

人吉新聞 平成30年6月18日 球磨中央高校「熊大移動大学くまもとみらいずむ」記事

日刊 人吉新聞 平成30年6月18日 掲載記事(許可を得て掲載しております。)

阿蘇市「手野集落の未来を共に創るプロジェクト」参加の様子が新聞に紹介されました!

ボランティアサークルD-SEVENのメンバーと、博士課程社会文科学研究科留学生の
5月19日の阿蘇市「手野集落の未来を共に創るプロジェクト」参加の様子が新聞に紹介されました!

熊本日日新聞 平成30年5月23日朝刊 掲載
朝日新聞 平成30年5月23日朝刊 掲載

当日の活動の様子はこちら ⇒ http://coc.kumamoto-u.ac.jp/archives/type_student/1256

手野地区では、平成29年度から農林水産省・阿蘇市役所のバックアップにより集落の活性化事業を計画、推進しています。

平成30年度は約1年にわたり若い学生を「村民」として地域に迎え入れ、米作りやお祭りをはじめ、農泊による農家の暮らしを体験しながら、若者視点から体験交流事業を開発するプロジェクトを実施されます。

第1回目の今回は、「手野名水会」会長のご案内を頂きながら、国造神社や集落の湧水を巡る散策と、田植えの体験を行い、おふくろの会の皆様による郷土料理を頂きながら、地域の方々との交流を深めました。

 

【プログラム登録について】「履修の手引き2018」を掲載しました

熊本大学「地域課題解決プログラム」ならびに「地域創生プログラム」に関する履修案内「履修の手引き2018」を本サイトの「刊行物一覧」に掲載しました。

ダウンロードはこちらから ⇒ 「履修の手引き2018」(PDF 2.11MB)

「地域課題解決プログラム」は、Step1の「肥後熊本学」から1単位、Step2の「地域志向科目」から4単位以上、Step3の「課題解決型学習」から2単位以上、計7単位以上を 全て「教養教育科目」から 履修することで、プログラムを修了し、「地域課題解決プログラム修了証」を得ることができます。

プログラム登録はこちらから ⇒ 「COCプログラム登録ページ kiki.yoru(キキヨル)」

risyunotebiki2018

平成29年度COC「地域課題解決プログラム修了証授与式」が行われました

この度、COC事業における地域課題解決プログラムにおいて所定の7単位以上を習得した10名の学生が、地域課題解決プログラム修了者として認定され、平成30年3月16日(金)、原田学長から「地域課題解決プログラム修了証」が授与されました。

詳細はこちらから ⇒「学生たちのCOC」